5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【愛知】透明の美が想像力を刺激 女性2人、瀬戸でガラス工芸展

1 :ドメスティック・ドメ子φ ★:05/01/06 11:16:44 ID:???

多摩美術大講師の奥野美果さん(39)と尾張旭市三郷町陶栄の加藤三佳さん(26)
によるガラス作品展「Visibility−透明なガラスから見えるもの」が四日、
瀬戸市朝日町のギャラリーかわらばん家で始まった。十日まで。
展示したのは、奥野さんが鋳造ガラスのオブジェ作品十三点。加藤さんは宙吹きガラス
のオブジェ作品七点を出品した。石こうで型取りした分厚いガラスの塊に、くぼみを
作ったり部分的に半透明な肌に仕上げたりした奥野さんの作品は、見る角度や光の
当たり具合によって変化が生じ、想像力をかき立てる。一方、DNAをイメージした
という鎖型の「つながり」や、表面に羽毛の模様をあしらったガラスの枕のような
「眠り」など、加藤さんの作品は繊細さを奏でる。作風は異なるが、ともに、ガラス
の特質である透明性を大切にしている。加藤さんは瀬戸市出身。高校を卒業後、
カナダ・オンタリオ州のシェリダン大、フィンランドのヘルシンキ芸術デザイン大
大学院でガラス工芸を学び、昨年七月に帰国した。一九九八年に米・フロリダ州で
あったガラス工芸の国際会議に参加した際、制作実演をした奥野さんの技、作品に触れ、
感動。一時帰国するたびに奥野さんの工房を訪ねるなどして親交を深めた。
日本で本格的に活動をしていくことを決めた加藤さんが企画した古里での初の展覧会に、
奥野さんが快く協力。加藤さんにとっては念願の二人展が実現した。
加藤さんは「ガラスが持つ最大のキャラクターが透明さ。光による影や、透かして
向こう側に見えるものなど、透明性ゆえの面白さを引き出してやりたいと常に取り
組んでいます」と説明していた。

ソースは
http://www.chunichi.co.jp/00/ach/20050106/lcl_____ach_____000.shtml 


2 :名無しさん@女性魂:05/01/06 11:17:15 ID:h2Y5wlzA


3 :名無しさん@女性魂:05/01/06 11:36:04 ID:NWWNX6Hx
100万人に一人の共感者を探すのは大変ですね
ご苦労が偲ばれます。

私には題名で入選するような
利己主義な感性を理解できませんが

4 : ◆JHYR6uhL6Q :05/01/06 12:59:15 ID:NhZk65X0
これの画像ないかなぁ〜・・・

見てみたい気もするんですよね。ガラス工芸。

5 :名無しさん@女性魂:05/01/06 14:41:28 ID:2kqoAPfz
キレイな透明な硝子だからだから何でもキレイと言うわけでもないらしい

6 :名無しさん@女性魂:05/01/06 15:03:44 ID:7zP3bNva
>>4
ソースに画像ついてたよ
もっと見たいって事?

7 : ◆JHYR6uhL6Q :05/01/06 15:29:46 ID:NhZk65X0
>>6
うん。ちゃんとした作品画像が見たい・・・

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)